留学に関する情報が満載!

留学の時の生活費は心配がたくさん

もちろん留学をするときは、アパートの賃貸料、食費、電気代、医療費、学費、交際費など、いろいろなものが、必要になってくるので心配事も多いです。
留学にいく国によってもいろいろ法律が違うので、学生ヴィザがどうのような条件があるのか、しっかり調べるようにしましょう。
例えば、ヨーロッパの国の学生ヴィザであれば、一週間に20時間以内のアルバイトが可能なので、生活費の為にアルバイトができます。
また、フランスの学生ヴィザでは、学校に問い合わせると、学生の為の生活保障の制度があり、アパートの賃貸料の補助をしてくれるところもあります。
このような制度をしっかり調べることが、留学の生活費の足しになりますので、とても大切なことです。
また、生活費を節約する事も大切です。
アパートをシェアすると、賃貸料を半分で済ますことができます。
または、自転車を有効利用し、交通費を少なくします。
どうしても電車に乗らないといけないときは、大きな駅に行き、定期券や回数券のようなシステムがないか確認しましょう。
また、できるだけ自炊するように心がけましょう。

留学にかかる費用で節約できるのは生活費

語学を習得するためには、留学するのが手っ取り早い手段ですが、気になるのは費用の面でしょう。
国によっても変わってきますが、1年間留学するのにかかる費用は、150万円から300万円が相場とされています。
これらの費用には、学費、滞在費、生活費、航空券代が含まれます。
学費や航空券は節約できないので、削れるところは生活費となるでしょう。
渡航先がアメリカの場合は、月々5万円以内に抑えるのが可能です。
渡航先がカナダなら3万円、イギリスなら5万円、オーストラリアなら4万円、フィリピンなら3万円以内に抑えることができるでしょう。
節約の方法としては、出来るだけ外食を避け自炊するようにする、レジャー費を極力削る、タクシーではなくバスや電車を利用するなどが挙げられます。
しかし、せっかく留学したのにどこにも行かず、切り詰めた生活を送るのももったいないものです。
余裕のある生活ができるぐらい、十分にお金を貯めてから行うのがベストでしょう。

recommend

名古屋でチャットレディを探す
http://nagoya.avanti-chat.com/

Last update:2015/10/23