留学に関する情報が満載!

留学先で結婚することはよくあります。

勉強や海外生活を経験するために留学した先で、恋に落ちて結婚するというパターンはたくさんあります。
たとえば、ホームステイ先に、たまたま同年代の異性がいたとか、クラスメートと意気投合して、恋愛に発展するのも不思議ではないでしょう。
結婚することにより、その国の永住権を取得、ずっとその国に住む事になる場合もあります。
つまり、留学先が一生を過ごす国になる可能性があるわけです。
出国前には、まったくそんなつもりはなかったのに、不思議な縁で巡り合ってしまうということもよくあります。
ですので、どの国にするかは、事前によくよく考えたほうがいいかもしれません。
ただ、国費で留学をしているという場合は、結婚や妊娠などにより大学を中退するようなケースになると、それまで国が援助した費用をすべて返済しなければならなくなる可能性があります。
それぞれに細かい規定が定められていますので、そこは、きちんと調べたほうがよいでしょう。

留学が縁で結婚相手に出会ったら

留学中に将来の結婚相手とめぐり合うこともあります。
自分と同じ国の人の場合もありますし、留学先の国の人、他の国からきた留学生であることも珍しくありません。
結婚をすることになったときに、色々と考えなければいけないことがでてきます。
同じ国の人が相手であれば、比較的どこに住むのかということは簡単に決められそうですが、国が違う人と結婚することになると、どちらの国に住むのかということから考えなければなりません。
また、家族になることによって、将来子供ができる可能性があります。
そんなときにも子供の教育をどの国で受けさせるかについても考えなければいけない時期がきます。
お互いの国が違うことにより、考えなければいけないことが多いかもしれませんが、それ以上にお互いに相手の国の親戚や義理の親、兄弟ができることになりますので、色々な発見や普段できないような経験をすることができます。
大変なこともあるかもしれませんが、楽しめることも多いです。

pickup

Last update:2017/4/10